OpenPNEのインストール方法

Pocket

オープンソースのSNSソフトウェア、OpenPNEのインストール方法をご案内します。ご活用ください。

OpenPNE用データベースを作成する

コントロールパネルへログインし、「データベース」のページに進みます。
「データベース作成画面へ」のボタンを押し次へ進んでください。

db_01
任意のデータベース名、接続パスワードを入力してください。
メモ欄はご自由にお使いください。
入力したら、データベースを作成するボタンを押してください。
db_02
データベースが作成されました。

OpenPNEのファイルをアップロードする

次にOpenPNEをダウンロードします。OpenPNEのサイトから「自分のサーバーに設置する」へ進み、zipファイルをダウンロード、解凍を行ないます。
※今回は、OpenPNE3.8.13を利用したインストール方法をご案内しています。
openpne006
解凍したファイルをアップロードしてください。
ここでは【 http://***.heteml.jp/openpne/ 】にインストールする想定とし「Web」フォルダの中に「openpne」フォルダを作成し、アップロードを行ないます。
openpne007

設定ファイル名を変更する

以下2つのファイル名をそれぞれ変更します。

hetemlFTPへ接続し、該当のファイル名から【.sample】を削除し、変更内容を保存するをクリックしてください。

openpne008

ファイルのアップロード、ファイル名の変更は、SSHでも実施することが可能です。FTPでのアップロードに時間が掛かる場合は、SSHでの接続をお試しください。

SSHで作業時間短縮(Win)

SSHでサーバへ接続する

以下のマニュアルを参考にSSHでサーバへ接続してください。

SSHのご利用方法

SSHソフトの設定とコマンド

インストールを実行する

SSHでの接続が完了したら、OpenPNEをアップロードしたフォルダへ移動します。

次にOpenPNEのインストールを実行します。

php5.4で実行するよう指定ください。

インストール実行後、データベース情報を入力します。sql001

ヘテムルでは、mysqlを利用しているため、以下コマンドを入力しエンターを押します。

sql002

Tyep databese username と表示されたらデータベースのユーザーネームを入力しエンターを押します。

sql003

Type databese password (optional)でデータベースのパスワードを入力します。

sql004

Type database hostname で作成したデータベースのホスト名(mysql***.heteml.jp)を入力します

sql006

Type database port number (optional)はそのままエンターをお願いいたします。

sql007

Type databese name で改めてデータベース名(データベースユーザーネームと同じもの)を入力します。

sql005
最後に入力した内容に誤りがないことを確認しy(Yes)を入力します。

yを入力後、ファイルの展開が始まります。
installation is completed!  が表示されたらインストール完了です。
sql008

インストールしたOpenPNEを確認

インストールが完了したら、初期設定のIDとパスワードでOpenPNEへログインし、各ユーザー設定、パスワードを変更します。

【ユーザーログイン】
http://***.heteml.jp/openpne(OpenPNE格納フォルダ)/web

【管理画面ログイン】
http://***.heteml.jp/openpne(OpenPNE格納フォルダ)/web/pc_backend.php

上記ユーザーログインURL、管理者画面ログインURLからログインを行い、設定変更から各項目をご変更ください。

【ユーザーログイン画面】
e96d04e1dcc0109c39532e6357843239

【管理者ログイン画面】
sql010

Pocket