php エラーログの読み方

Pocket

今回は、log_errors をONにすることで出力ができるようになった、
phpのエラーログの読み方をご案内します。

どんなエラーが出力されているのか参考にしてください。

phpエラーログの出力設定

コントロールパネル内にあるphp.ini の設定をしてエラーログが出力されるよう設定します。
php.ini が設定できるメニューが、お客様のWebサーバ番号によって異なりますので、以下のページをご確認ください。
>>PHPのご利用方法(ftpXXXの場合)
>>PHPのご利用方法(usersXXXの場合)

php.ini の設定内容にある、log_errors を未設定からONに変更します。
※PHPのバージョンが「7.0(モジュール版)」の場合、php.iniを設定変更いただくことができません。

phperror002

error_reporting を「E_ALL &~E_NOICE」へご設定ください。

phperror004

設定するボタンを押して確定します。

phperror003

phpエラーログの確認方法

phpエラーの出力設定によって、エラー内容がサーバー上にある/logs フォルダの中に生成されるようになりました。
hetemlFTP やFTPソフトを利用してエラー内容をご確認ください。

phperror005

phpエラーログの読み方

log_errors の設定によってWebサイトへアクセスした結果、phpでエラーが発生すると、エラー内容が記録されるようになりました。
以下のいくつかのエラーログから、エラー箇所の確認方法や各語意の意味について確認ください。

上記のログにはPermission denied:」が表示されています。
この表記はファイルは存在していますが、パーミッション(権限)がなくファイルの読み込みに失敗していることを示します。
ftp ソフトを利用してサーバー上にアクセスをしファイルのパーミッションが604等になっているか確認をしてください。

上記のエラーは、php プログラムの構文に誤りがあることを示すsyntax errorエラーが表示されています。
syntax errorの後にあるT_OBJECT_OPERATORは、オブジェクトオポーザー(->)を示すので、index.php103行目にある
-> で記述されたプログラム内容に誤りがないか確認を行ってください。

Pocket